NIKKA TECHNO, INC.

会社情報

創業94年、月日の数だけの技術があります。

企業理念

当社は市場ニーズを的確に把握し、高品質な製品を安定、且つ迅速に供給する企業を目指します。
当社は「環境、安全」を最重要課題の一つとし、社会ルールを遵守し社会貢献する企業を目指します。

沿革

1927年(昭和2年)
中山義春が京都市左京区一乗寺に「中山研究所」を設立。ガラスにセルロイドを塗布し、剥した樹脂膜に金箔や金属粉をふりかけた”エナメル箔”を開発。その後グラフシン紙、セロファン紙を素材とする転写箔の研究に着手。
1930年(昭和5年)
手動の作業方法を考え、コーティング機を設備し動力化。
1958年 6月(昭和33年)
商号を「中山化学研究所」とし、ポリエステルフィルムを素材とした真空蒸着箔の開発に着手する。
1962年 6月(昭和37年)
真空蒸着機を導入し試作を始める。
1964年 5月(昭和39年)
真空蒸着箔の量産体制に入る。
1964年 10月(昭和39年)
東京オリンピックの年に弊社が日本で初めて真空蒸着箔の開発に成功し、森永ゴールドチョコレートのパッケージに日本で初めて真空蒸着箔が採用されました。
1965年 10月(昭和40年)
中山義春が蒸着箔の将来構想を固め、 中山幸次郎と中山太一郎をして京都市南区吉祥院に工場を建築。
1966年 8月(昭和41年)
真空蒸着機を設備、量産体制に入る。
1968年 3月(昭和43年)
資本金1.000万円で「日本化学箔工業株式会社」を設立。
1968年 10月(昭和43年)
京都市南区上鳥羽に本社・工場を建設。
1969年 3月(昭和44年)
中山幸次郎と中山太一郎が代表取締役に就任。
1969年 4月(昭和44年)
中山幸次郎、製造用金属箔フィルムの製造方法に関し、 科学技術の振興に貢献したことにより、京都府知事から表彰を受ける。
1969年 6月(昭和44年)
資本金を3.000万円に増資。
1976年 8月(昭和51年)
本社・上鳥羽工場増設完成。
1979年 5月(昭和54年)
本社・上鳥羽工場内に福利厚生ビル完成。
1979年 6月(昭和54年)
株式会社ニュープレイティングから 「高周波イオンプレイティング技術」に関する特許の実施権を取得。
1981年 9月(昭和56年)
久御山工場完成。
1988年 11月(昭和63年)
久御山第二工場完成。
1991年 12月(平成3年)
久御山工場内に品質管理センターワインダービル完成。
1992年 5月(平成4年)
「株式会社ニッカテクノ」に社名変更。
1992年 12月(平成4年)
大阪税関より保税工場を許可される。
1993年 6月(平成5年)
米国より「フォトエッチング」技術の製造販売権を取得する。
1997年 1月(平成9年)
「フォトエッチング」技術開発に着手する。
2000年 6月(平成12年)
「ホログラム転写箔」の製造・販売を開始する。
2003年 7月(平成15年)
「ホログラム転写箔」のラージタイプの製造販売を開始する。
2005年 7月(平成17年)
日本たばこ産業(株)「ピアニッシモ・ペシェ」に日本で初めて ホログラム転写箔が採用される。
2006年 7月(平成18年)
ホログラム転写箔「PNK PLANET NAKO」製造販売開始。
2007年 1月(平成19年)
ホログラフィー”2D””3D”の一覧設備を導入する。
2008年 1月(平成20年)
IHMA(国際ホログラム製造者協会)に加盟
2010年 12月(平成22年)
JT(日本たばこ産業株式会社)「ピアニッシモルーシア」に日本で初めてコールドホログラムが採用される。
2011年 10月(平成23年)
「ホログラフィーシームレス」の一覧設備を導入する。
2012年 3月(平成24年)
中山仁が代表取締役に新たに就任する。
2013年 4月(平成25年)
欠点検査装置、スリッター機、新たに導入。
2016年 6月(平成28年)
久御山北工場 増設完成
2016年 8月(平成28年)
久御山工場 リニューアル
2017年 3月(平成29年)
本社・上羽工場 リニューアル
2017年 3月(平成29年)
中山仁が代表取締役社長に就任する。
2020年 3月(令和2年)
欠点検査装置増設
株式会社ニッカテクノ本社概観

株式会社ニッカテクノ本社外観

株式会社ニッカテクノ久御山工場概観

株式会社ニッカテクノ久御山工場外観

 

 

 

株式会社ニッカテクノ北工場外観

株式会社ニッカテクノ北工場外観

 

会社概要

称号
株式会社ニッカテクノ
本社・工場
  • 〒601-8177 京都市南区上鳥羽馬廻し5番地
  • TEL.075-671-3344 FAX.075-691-7374
  • e-mail:info@nikka-tech.co.jp
吉祥院工場
  • 〒601-8351 京都市南区吉祥院這登西町41番地
  • TEL&FAX.075-671-0308
久御山工場
  • 〒613-0036 京都府久世郡久御山町田井新荒見86番地1
  • TEL.0774-44-3598 FAX.0774-43-7498
研究開発室
  • 〒601-8177 京都市南区上鳥羽馬廻し5番地
  • TEL.075-682-3413 FAX.075-682-3414
創業
昭和2年
創立
昭和43年3月14日
資本金
3.000万円
役員
  • 代表取締役 社長中山 仁

  • 代表取締役 会長中山太一郎

  • 専務取締役中山洋一郎

  • 専務取締役中山 義康

  • 取締役篠原 孝公

  • 取締役清水 泰行

  • 取締役堀江健太郎
業務内容
真空蒸着箔製造業
主なユーザー
  • 大日本印刷(株)グループ
  • 凸版印刷(株)グループ
  • 朝日印刷(株)
  • トーイン(株)
  • その他
販売代理店
  • 村田金箔グループ
  • (株)田中孝商店
  • (株)田中孝商店九州
  • カタニ産業(株)
海外販売国
  • ヨーロッパ

  • ドイツ

  • フランス

  • イタリア

  • スイス
  • アメリカ合衆国

  • ニューヨーク

  • ロサンゼルス

  • インド
  • アジア

  • 台湾

  • 韓国

  • 中国

取引銀行
  • 京都中央信用金庫/上鳥羽支店
  • 三菱東京UFJ銀行/京都駅前支店

業務内容

業務
設備
製品
転写箔製造
転写箔製造設備
  • アルミ蒸着各種転写材
  • 電磁波透過性転写材
  • 機能膜転写材
  • 光彩転写材
  • 多色転写材
  • 顔料転写材
  • ホログラム転写材
乾式金属膜製造
巻取式連続蒸着設備
  • 一般蒸着製品
  • 透過膜蒸着製品
  • 機能膜蒸着製品
  • 機能膜転写材
  • 特殊蒸着製品
湿式金属膜製造
湿式鍍金設備
鍍金製品
転写用微細製版製造
微細製版設備
微細製版
部分蒸着化成製造
部分蒸着化成製造設備
部分蒸着化成製品
ホログラム製造
ホログラム製造設備
  • フィルムタイプホログラム
  • 転写タイプホログラム
貿易業務
  • 一般貿易販促
  • 財務省許可設備
  • 自社製品の販売
  • 保税取り扱い製品
▲ページトップへ戻る
株式会社ニッカテクノ/NIKKA TECHNO,INC.
本社・工場:〒601-8177 京都市南区上鳥羽馬廻し5番地/TEL.075-671-3344 FAX.075-691-7374
吉祥院工場:〒601-8351 京都市南区吉祥院這登西町41番地/TEL&FAX.075-671-0308
久御山工場:〒613-0036 京都府久世郡久御山町田井新荒見86番地1/TEL.0774-44-3598 FAX.0774-43-7498

IHMA:InternationalHologramManufacturersAssociation(国際ホログラム製造者協会)加盟
©NIKKA TECHNO,INC.